一般財団法人「日本がん予防協会」理事長 小山和作さんにインタビュー

熊本市は、世界でも医療水準が高いとされる日本の中でも、医療が充実した地域として知られる。そうした熊本市や県の医療を下支えし、住民の健康管理に貢献してきた施設の一つが、日本赤十字社の「熊本健康管理センター」だ。同センターは、健診の専門施設がなかった当時、日本で初めて「予防医学」の専門施設として開設された。今回は、同センター開設の立役者であり、現在も名誉所長として日本の予防医学の第一線で活躍する小山和作氏に、さまざまな話を伺った。


“予防”は“治療”に勝る

――医者を志したきっかけや学生時代の印象深い体験などを教えてください

私は1951年(昭和26年)に高校を卒業し、大学に入学しましたが、当時は大学も社会も混沌としており、私が入学した九大では、学園紛争のため授業が受けられないこともしばしばでした。それで、東京都庁に勤めていた兄に相談して教養課程を終えてから上京し、恩給局で働き始めたのです。しかし、生涯、恩給の通知書を書くだけの仕事は嫌に思えました。

そんな時、熊本大医学部に在籍していた高校の先輩が「熊本はよかばい!熊本に来い!」と声をかけてくれました。それで試験を受けて、熊本大医学部に入ったわけです。

医学部には、久留米や山口、東北など、全国から学生が来ていました。当時、二ノ丸に医学部の寮があったのですが、寝食を共にする中で7人の仲間ができました。私たちはそれを「7人の侍」と呼んでいましたが、みんな将来医者になるのに不安や疑問がありました。そのメンバーで人々が住んでいる地域のこと、人々の暮らしや悩みなどを勉強しようと始めたのが「セツルメント」の活動です。「セツル」には、住み着く(=settle)という意味があります。

活動場所は、一番医療に恵まれないところがいいはずだと考え、渡鹿にある「青葉住宅」に決めました。もともと軍の兵舎だった青葉住宅には、戦災者や引揚者、避難民が住みついていました。そこで、社会福祉事業団体として活動するため、警察と保健所に届け出に行きました。

警察からは「治安が悪く、どろぼうもあそこに逃げ込まれたら、捕まえることができない場所だ。学生が行くなんて、とんでもない」と怒られました。保健所からも「あんな衛生状態の悪いところにどうして行くのか」と止められました。それに対して「私たちは取り締まるために行くのではなく、勉強するために行くのです」といって許可をもらったのです。

私たちは、医学部の学生ですが、活動をしている他学部や他大学のグループにも話を持ちかけ、先生方も招いてセツルメントの発会式を行いました。そこでは、「熊本に真の総合大学ができたようだ」と言われたことを記憶しています。

活動の内容としては、まず、青葉住宅の住民と仲良くなる必要がありますから、広場にハーモニカや三味線、ギターに太鼓など、音の鳴るものをもっていき、音楽を始めました。すると子供たちが集まってきて、大人も寄ってきました。

教育学部の児童文化研究会の学生は、子供たちに紙芝居をしました。女子大の学生は、婦人たちに料理教室をしましたね。私たちも血圧を測ったりして徐々に関係を築き、階段下の空いたスペースも提供してもらいました。また、青葉住宅の人たちは生活が苦しく満足な医療も受けにくいことから、生活保護の手続きの仕方も覚えました。時には、夫婦喧嘩の仲裁をしたり、子供の発熱の相談を受けて、熊大の教授を呼び出したこともあります。

卒業後も、後輩ができて活動が受け継がれました。その時期に青葉住宅は、熊本市が「低所得者住宅」への建て替え工事を実施し、住宅環境も改善しました。その後、セツルメントの活動は「青葉住宅」が新しい住宅環境に変わり、対象は不適当と考え、無医地区の多い農村に移すことになりました。

 

――大学病院を辞めた理由とその後の活動の指針を教えてください

私は卒業して医者になり、大学に残って第二内科に入局しました。大学院に進み、その後は助手になり、患者を受け持つようになりました。

しかし、大学病院の場合、病気が進行した患者が多く、手を尽くして、余命を長くすることはできても、救えない場合が多かったのです。病気を治し、患者を救うために医者になったのに、大学ではそれができないという悔しさがありました。病気をよく治そうとすれば、早く治すこと。そのためには早期に発見すること。どうして早い時期には来院してくれないのか悩んだ末に「そうだ!私の方から地域に出向こう」と考えたのです。

農村でのセツルメントの経験がありましたから、先ず、農村医学研究会を立ち上げ、農村の実態を調査したいと考えました。県農協中央会を動かし、5年計画で農村の健康実態調査を行いました。農作業をしている元気な20歳から50歳まで農業者を一つの農協から100人選び、約20の農協を対象に調査を行いました。医者5人で手分けをして問診票を書き、採血をし、血圧を測り、5年間の調査を報告書にまとめたのです。病院に行っている人は除いた農家の人たちを対象にしているのですが、貧血、肝機能異常、高血圧、農薬中毒など、たくさんの病気が見つかりました。

一方、農村医学のメッカになっている長野県の佐久総合病院の若月先生を招き、話を聞いたりもしました。そこで熊本の健康管理をどうするかという話になり、討論会も開きました。その中から、「新しい医療をつくる会」が誕生したのです。

新しい医療をつくる会の活動指針は「健康からの医療」「チーム医療」「住民参加」の三つでした。病気を見る医療ではなく、健康になるための医療。医者だけでなく、看護婦などのスタッフ、地域であれば民生委員、老人会、婦人会などのいろんな人が一緒に行う医療。そして、住民自身が行う医療です。

私は1972年(昭和47年)に大学を辞めて車検診を始めました。しかし、しっかりと健診を行うためには、専用の施設がどうしても必要です。それで、財団法人健康管理協会をつくりました。最初は、医者、看護婦、検査技師、栄養士、事務の5人で始めました。そして、熊本赤十字病院が水道町から長嶺のほうに移って5年後、同じ敷地に赤十字の旗の下に「熊本健康管理センター」を設立したのです。日本赤十字社で、予防医学だけの専門施設は、熊本にしかありません。

実際に予防医学を始めると、要望が大きく、健康管理センターは急成長しました。私も25年間勤め、現役を離れることになりましたが、現在、人間ドック学会の役員をして全国の人間ドックにも検査の質にバラツキがあることがわかりました。健診の目的は健康になることであり、検査が目的ではありません。そのため、予防医学の一環として「健診」をすることが大事です。しかし、実情は検査しかしていない場合が多いのです。本当は健診後のフォローが大切です。下益城郡甲佐町では、健診と健康指導を行うことで、健診を受けた人の医療費が半分になったというデータも出ています。

 

――予防医学に取り組む上で大事な点は何ですか?

予防医学の一番大事な点は、「本人が取り組む」ということです。病院の場合、病気が判明して、治療を医者が施します。それに対し、一番いいのは、病気にならないこと、つまり健康であることです。現在、医療の進歩により、がんの原因も少しずつわかってきました。たとえば、タバコなどがそうです。そのように、病気の原因の多くは「生活」にあります。生活を改善するのは、本人自身です。私たちは、その人を質の高い生き方にさせるのが仕事です。そうした点で、予防医学は治療医学とは違うわけです。病気にさせない為には予防ワクチンも大事です。従って熊本が誇る北里柴三郎は予防医学の祖でもあります。病気に対する抵抗力をつけて、病気になるのを防ぐという発想です。

 

――最後に未来を担う学生や大学に対してメッセージをお願いします

予防医学は、本人の自覚を促す必要があるので、「教育」がとても大事です。そして、最終的には「生き方」の問題になってきます。ですから、学生の時にしっかり考えてほしいのです。そのために、社会に触れる活動に関わってほしいし、私が理事長を務める日本がん予防協会の活動にも、たくさんの学生が関わってほしいですね。

“いのち”を大切にするとはどういうことか?いのちとは「時間」です。ですから、いのちの使い方として、「自分の時間」をどう使うかを学生時代に考えてほしいのです。私は、学生のときに感じたことが今の活動に生きています。そして、そこでできた仲間は今でもかけがえのない存在です。

現在、大学の医学部の中でたくさんの科が分かれています。その中で、公衆衛生は1つの講座でしかありません。私は、臨床の前提として、予防医学としての公衆衛生があるべきだと考えます。いわば「臨床公衆衛生学」ですね。「内科や外科などたくさんの講座の隅っこに公衆衛生がある」という認識を変えていただきたいと思っています。

 【財(たから)なキーワード】
「”いのち”を大切にするとはどういうことか? いのちとは「時間」です。ですから、いのちの使い方として「自分の時間」をどう使うかを学生時代に考えてほしいのです」


予防医学の専門施設「熊本健康管理センター」

●プロフィール
【こやま・わさく】1932年、長崎県生まれ。熊本大医学部卒業後、同大学院医学研究科を修了。同第二内科助手、講師を経て、73年、財団法人健康管理協会専務理事。78年、日本赤十字社熊本健康管理センター所長に就任。25年間、所長を務め、予防医学の普及に尽力。2003年、退任し、名誉所長となる。現在は、一般財団法人日本がん予防協会理事長、日本人間ドック学会理事などを務める。

一般財団法人「日本がん予防協会」のホームページはこちら