「がんばらんば国体2014」 ボート大会で熊大生ら活躍

長崎県で行われた「がんばらんば国体2014」のボート大会が10月19日から開催され、成年男子ダブルに松井善達(工学部・3年)選手と永田孝志郎(工学部・4年)選手が出場。成年女子舵手付きクォドルプルに山本彩加(教育学部・2年)選手が熊本県選抜として出場し、3位入賞を果たした。

昨年の国体で、山本選手(=写真、江津湖での練習風景)は女子ダブルで工学部4年の山領夏実選手と出場し、優勝した。今回は、2本のオールを持つ4人漕ぎの艇に舵手(コックス)が付いて競技する「舵手付きクォドルプル」に出場。予選2位で準決勝に進出。準決勝は1位でA決勝へ進んだ。男子ダブルは予選3位、敗者復活2位で敗退した。

最終日の10月21日、上位4チームによるA決勝が行われ、熊本県選抜は愛媛、岐阜に続いて3位に入った。