技術支援へ『7機関連携』

%e6%8a%80%e8%a1%93%e6%94%af%e6%8f%b47%e6%a9%9f%e9%96%a2%e4%b8%80%e8%a6%a7%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e7%94%a8熊本県の産業復興に向けて技術支援を行う「熊本産業復興支援プロジェクト協議会」が昨年12月5日、熊本大のイノベーション推進機構に事務局を設置した。熊本大、北陸先端科学技術大学院大、産業技術総合研究所など7機関(=図)。復興に向けた技術的な支援を行い、産学官連携の推進に向けて情報交換や共同研究などを実施するという。
熊本大が取り組む復興プロジェクトが発端となり、熊本県や熊本県工業連合会、熊本県産業技術センター、九州産業経済局が連携することになった。同協議会は、熊本の企業と研究機関の技術的な仲介のための‟マッチングイベント”を開催。企業からの要請に応じて共同研究を行うほか、公的資金の申請手続きなども支援するという。