「MRI検査」より安全に

mri%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e7%94%a8熊本大生命科学研究部の藤原康博講師とメディエ㈱は、国内に流通する医療機器のMRI検査への適合性を調査し、医療従事者や医療機器メーカーなどのMRI検査に関する利用をインターネットで検索できるシステムを開発したことを3月27日に明らかにした。4月3日から無償で情報提供を始めた。(=写真は同システムを紹介するメディエ㈱のサイト画面)

世界でもっともMRI装置の普及台数が人口当たり最多の日本。被験者が体内に医療機器を留置している場合、体内の医療機器とMRI装置により事故を引き起こす可能性があるという。条件が合えば、医療機器を体内に持った状態でMRI検査を受けることができる装置も出てきている。

研究グループは、医薬品医療機器統合機構の添付文書3500種類を元にデータベースを作成。利用者がインターネットを通じてデータベースにアクセスし、体内の医療装置とMR適合性を検索できるシステムを構築したという。

ペースメーカーや人工関節、血管内ステントなどの医療機器をつける人が増え続ける。データベースは、これらの医療機器がMRI検査に安全なものか、危険性のあるものかを5つに分類している。

このシステムを利用することで、医療従事者は適合性に関する調査を簡単に行うことが可能になり、MRI検査を安全に実施できると期待されている。