『九州の減災教育』の拠点

%e3%81%8f%e3%81%be%e3%82%82%e3%81%a8%e6%b0%b4%e5%be%aa%e7%92%b0%e3%83%bb%e6%b8%9b%e7%81%bd%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%95%99%e8%82%b2%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%82%b5%e3%82%a4熊本大は4月5日、「くまもと水循環・減災研究教育センター」を開所した。沿岸域環境科学教育研究センターと減災型社会システム実践研究教育センターを統合し、政策創造研究センターと先端科学研究部の専任教員を再配置。熊本地域への貢献とグローバルな研究教育の展開に取り組む。当日の開所式には、センター長や原田信志学長の挨拶、除幕式などが行われた。

同センターは、地下水循環部門、沿岸環境部門、減災型社会システム部門、地域デザイン部門の4部門から構成され、熊本の特徴を生かした地下水循環、沿岸環境、減災、地域づくりの研究を総合的に進め、熊本創生に貢献することを目標に掲げる。同時に、九州の防災に関する専門人材の育成にも取り組む。