留学生ら「おてもやん」を練習

%e3%81%8a%e3%81%a6%e3%82%82%e3%82%84%e3%82%93%e5%8b%9f%e9%9b%86%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e7%94%a8「第40回火の国まつり」おてもやん総踊りに参加するため、大学コンソーシアム熊本は6月13日、留学生と日本人学生を対象に呼びかけを始めた。練習は熊本大のくすのき会館で2回にわたって実施し、8月5日の本番に臨むという。毎年赤いハッピを着て参加する同団体は、地元への浸透や理解を深める機会にしようと留学生に踊りを教えている。

熊本大を始め、県内の大学が加盟する大学コンソーシアム熊本は、留学生が地域への理科を深める取り組みとして、ほかにもさまざまな企画を実施している。7月は、下江津公園の涌水清掃を企画するなど、地域に根差した企画も多い。夏の風物詩として定着する熊本の代表的な祭り「火の国まつり」では、おてもやん総踊りに参加してきた。

希望する参加者は、事前の練習で振付や動きを習い、1時間ほどの練習で音楽に合わせて踊りを踊れるようになるという。熊本ならではの祭りに参加することで、地域への理解を深める狙いもある。

【キーワード】大学コンソーシアム熊本
熊本県内の大学や高専などが加盟し、熊本市と県が産業界と連携して教育環境の向上を図るための事業を行っている。