非行少年の再生を支援

%e9%9d%9e%e8%a1%8c%e5%b0%91%e5%b9%b4%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%8d%e3%81%86%e6%a8%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e7%94%a8非行少年の再生支援に取り組む熊本大の岡田行雄教授らの執筆した書籍「非行少年のためにつながろう! 少年事件における連携を考える」(=写真)がこのほど現代人文社から出版された。少年院を出た後に就労先が乏しい現実などを指摘し、学校と企業と家庭裁判所などの専門機関が連携する必要性を訴える内容となっている。

福岡県弁護士会の弁護士によると、元非行少年の雇用に協力的な事業所は、2011年から5年間で約6倍に増えたという。また、熊本県内では、約30社が加盟する「職親の会」が大きな役割を担っている。


熊本大の岡田教授は、ドイツにおける事例で、警察と検察と少年局が入居する「少年法の家」が各機関の連携を円滑にする役割を果たした事例を取り上げ、弁護士の果たす役割の大きさを指摘する。

同書には、元非行少年の受け入れを長年進めてきた野口石油の社長を務める野口義之氏のインタビューも掲載されており、犯罪歴のある少年に向き合う姿勢や雇用側が安心して雇用できる制度の必要性についても言及されている。