地球規模のリーダー育成へ

%e7%95%99%e5%ad%a6%e4%bd%93%e9%a8%93%e7%99%ba%e8%a1%a8%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e7%94%a82017年度に熊本大が設置した「グローバルリーダーコース」のサマーフェスタが8月5日、同大グローバル教育カレッジで開催された。英語の模擬授業や留学成果発表、コース説明会などが行われ、熊本県内外の高校生らが参加した。

文・法・理・工学部に設置された同コースは、地域の問題を“地球規模”の視点で考えて行動できるグローバルリーダーの育成を目標に、独自の教育プログラムを実施する。当日は、担当教官よる英語の模擬授業や学生による留学成果発表(=写真)などが行われた。

フランスのボルドー大に留学した学生は、難民問題やテロの報道もあったフランスに留学した体験を写真を見せながら発表した。

同大では、「2週間程度の短期の留学」「低年次の体験型インターンシップ」「高年次の実践型インターンシップ」を海外の企業や研究機関で受けることができ、資金面での支援も行っている。

説明会では、同コースの教育カリキュラムのほか、入試内容に関する説明も行われた。