エイズウイルスの‟完全駆除”へ

%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%82%ba%e5%ad%a6%e7%a0%94%e7%a9%b6%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e6%94%b9%e4%bf%ae%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e4%b8%ad%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e7%94%a8熊本大大学院生命科学研究部の大塚正巳教授らの研究部グループは8月22日、エイズウイルスに感染した細胞を除去する新しい方法を開発したことを明らかにした。今回開発した化合物「L―HIPPO」を導入するとウイルスが細胞内に閉じ込められるため、細胞が死んでしまうという。従来の治療法で課題だったウイルスの完全駆逐に向けて、注目が集まっている。(=写真は改修工事中のエイズ学研究センター)

これまで、複数の抗エイズ薬を用いる「多剤併用療法」により、エイズウイルス感染者の体内でウイルス増力を抑えることはできるようになったが、完全にウイルスをなくすことができなかった。これは、「リザーバー」と呼ばれる細胞の中にウイルスが潜伏するためで、このリザーバー内のウイルスを除去することが課題だった。

今回開発された方法は、「Lock―in and apoptosis法」と呼ばれ、ウイルスに感染した細胞にL―HIPPOを導入するとウイルスの出芽が抑えられ、ウイルスが細胞内に閉じ込められて出られなくなり、自然に細胞が死ぬ仕組みを利用している。

今後、同研究グループでは、標的となるリザーバーに効率的にL―HIPPOを導入する研究に取り組むという。既存の治療法と組み合わせることで、さらに改良が進めば「エイズ完治」につながる成果として注目が集まる。