注射剤→『飲み薬』に使用可

%e6%b3%a8%e5%b0%84%e5%99%a8%e3%81%a8%e9%a3%b2%e3%81%bf%e8%96%ac%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e7%94%a8熊本大大学院生命科学研究部の大槻純男教授らの研究グループは8月21日、「新規小腸透過ペプチド」を発見したことを明らかにした。今回発見した環状ペプチドを、分子量の大きなバイオ医薬品に結合させることで、これまで注射剤として使用されてきた医薬品を「飲み薬」として使用できるという。(=写真はイメージ画像)

同研究グループは、目的の機能を持つペプチドを探索する『ファージ』の中で、人間の小腸から吸収されるモデルとして用いられる「Caco―2細胞層」を透過するファージが持つペプチドを解析。3種類の新しい環状ペプチドを同定することに成功。これらをCaco―2細胞に加え、マウス小腸でファージの小腸吸収が促進させることを確認した。