「合志マンガミュージアム」誕生へ

%e5%90%88%e5%bf%97%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%83%a0%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e7%94%a8NPO法人熊本マンガミュージアムプロジェクトと合志市は「合志マンガミュージアム」を7月に開館することを明らかにした。6月にはスタッフの研修を兼ねた内覧会も実施(=写真)。同プロジェクトの代表を務める橋本博さんは、絶版となった漫画を集めた古書店「キララ文庫」のコレクションから約7万冊を寄贈し、同ミュージアムの館長に就任するという。長年に渡る活動が一つの結実を迎えようとしている。

合志市は、西合志郷土資料館の改修工事を行い、120年分のマンガを10年ごとに区切って展示する。展示できないマンガは収蔵庫に収め、広くマンガに触れる機会を提供するという。また、企業と連携し、グラフィックソフトの若手開発者育成にも取り組む。教育と地域おこしの相乗効果を図る同プロジェクトは、合志市との協力内容を明確にするために協定を結ぶという。

続きを読む

非行少年の再生を支援

%e9%9d%9e%e8%a1%8c%e5%b0%91%e5%b9%b4%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%8d%e3%81%86%e6%a8%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e7%94%a8非行少年の再生支援に取り組む熊本大の岡田行雄教授らの執筆した書籍「非行少年のためにつながろう! 少年事件における連携を考える」(=写真)がこのほど現代人文社から出版された。少年院を出た後に就労先が乏しい現実などを指摘し、学校と企業と家庭裁判所などの専門機関が連携する必要性を訴える内容となっている。

福岡県弁護士会の弁護士によると、元非行少年の雇用に協力的な事業所は、2011年から5年間で約6倍に増えたという。また、熊本県内では、約30社が加盟する「職親の会」が大きな役割を担っている。

続きを読む

「被災文化財のいま」開催

%e8%a2%ab%e7%81%bd%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%81%ae%e3%81%84%e3%81%be%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e7%94%a8被災した文化財の今を知ってもらおうと熊本市現代美術館は、5月4日から「熊本市被災文化財のいま」を開催している。震災直後から続く文化財保護の活動について現状や課題を浮き彫りにする。被災した文化財の地震前後の写真や被災資料などが並ぶ。熊本城の天守からの360度の眺めや熊本城敷地内の現状をVRで体験するコーナーなどもある。

地震で倒壊した「ジェーンズ邸」や大規模半壊の状態になった「四時軒」など、指定された文化財の現状が写真で飾られ、壊れた建物の部品なども並ぶ。国や県、市が指定した13の文化財に関する写真が展示。また、中央区新町の「町屋」の現状を伝える映像が流され、城下町らしい町並みを残すために奔走する人たちの取り組みが紹介されている。

続きを読む

留学生「地震の教訓」英語で

keep%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e7%94%a8熊本地震で被災した熊本大に留学する学生が、自身らの体験をまとめた冊子を英語で作成した。地震後、英語による情報が不足し、避難所の生活などで混乱状態に陥った留学生も多かったという。今後の教訓にする目的で「熊本地震体験プロジェクト」(KEEP)を立ち上げ、A5版で44ページにまとめて全国の大学に配った。KEEPのホームページでも閲覧できる。

今回のプロジェクトに参加したのは、ミャンマー、パプアニューギニア、英国からの留学生5人(=写真)。メンバーの体験をもとに被災した外国人を調査し、教訓として生かせる内容をまとめて英語の冊子にした。それだけでなく、KEEPのホームページを開設し、情報発信に力を注いだ。こうした活動の内容を直接伝えるために発表会も企画。2月4日、熊本市国際交流会館で開催された体験発表会には、八代高校の高校生も参加してくれたという。

続きを読む

美術科生2人「白日会展」入選

第93回白日会展が3月16日から東京の国立新美術館で開催され、熊本大教育学部美術科の岩間美咲希さんの彫刻作品「灯」と田中悠里恵さんの彫刻作品「スピカ」が一般佳作賞を受賞した。2人は昨年十月に開かれた日展でも初入選を果たしたばかり。2人の作品は、鹿児島市黎明館で開催される鹿児島市白日会展での展示も決まっている。

白日会展は、震災のあった大正12年(1923年)に創立された公募展で、白日会が主催。今回は、一般出品者の中から2作品が選出される一般佳作賞に選ばれた。内閣総理大臣賞は、鷺悦太郎氏の「タブリエ」に決定。文部科学大臣賞は牧内則孝さんの作品が選ばれた。

続きを読む

第9回「東光原文学賞」発表

%e6%9d%b1%e5%85%89%e5%8e%9f%e6%96%87%e5%ad%a6%e8%b3%9e%e4%bd%9c%e5%93%81%e9%9b%86%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e7%94%a8熊本大生が書いた小説を募集する「東光原文学賞」の第九回の受賞作品が1月13日、熊本大付属図書館で発表された。今回は計28作品が集まり、大賞には工学部4年の黒瀬優(※ペンネーム)さんの「雪の下に咲く」が選ばれた。選考委員長は文学部の坂口至教授が務め、教育学部の跡上史郎准教授と熊本日日新聞社文化生活部の岩瀬茂美次長が選考を行った。(=写真は前回の受賞作品集)

 
優秀賞は、法学部3年の木乃一孝さんの「アジサイの目」、文学部4年の野良犬さんが書いた「若狭と鉄砲」、教育学研究科一年の藤崎銀杏さんが書いた「臨時運行レトロトレイン」、文学部4年の三杉望海さんが書いた「縁者失格」の4作品が選ばれた。(※四人ともペンネーム)

続きを読む

企画展「RENGA」‐遺跡から見えた近代‐

熊本地震で大きな被害があった熊本大の「埋蔵文化財調査センター」は昨年11月1日から今年4月28日まで、速報展示2016「RENGA―遺跡から見えた近代」を開催している。地震で崩落した五高記念館の煙突についても調査の結果、新しい発見があったという。また今回は、2015年度の発掘調査の成果を公開した。

現在は休館中の五高記念館の資料も併設展示している。今回は、熊本高等工業学校や五高記念館に関する赤煉瓦や陶磁器に焦点を当てた企画展示となっている。昨年12月6日には、発掘調査担当者による展示説明会も実施された。

続きを読む