「くまもと俳句ポスト」 11カ所目は熊本城

熊本市文化振興課は5月1日、熊本城の長局(ながつぼね)に「くまもと俳句ポスト」を設置した。これまでも、夏目漱石内坪井旧居や熊本大五高記念館など10カ所に設置しており、今回は11カ所目。俳句を通じて熊本の魅力を発信する取り組み。集まった俳句は、年間2回の審査が行われ、特選1点と入選3点には特産品が贈呈される。

続きを読む

「人工DNA」 操作自在に

遺伝子治療・診断などの研究に欠かせない「人工DNA」を構成する塩基の配列を好みのタイミングでつないだり切ったりする操作技術を、熊本大大学院の井原敏博教授(核酸化学)、北村裕介助教(同)らの研究グループが初めて確立した。論文は4月7日付の英オンライン科学誌ネイチャーコ ミュニケーションズに掲載された。

続きを読む

「安全な水道水」確立 富家和男さんにインタビュー

“水の都”として知られる「熊本市」。日本国内を見ても、水道水を100%、地下水だけでまかなっている都市は、人口50万人以上の規模では熊本市以外にはないという。ただ、その豊富できれいな地下水も、それをつくり出してきた「自然環境」や「近世の農業システム」などに対する無知から、量質ともに深刻な低下をもたらしているという。今回は、以前、熊本大の参与を務め、現在も学生たちに「地下水」などの水資源についての講義を行う富家和男氏に話を伺った。

続きを読む

「現代のポップアート」 大集合

1960年代から2000年までアメリカ現代美術に焦点をあてた「ミスミ・コレクション」は、個性的な内容に評価の声も高い。質の高い版画作品と若手作品による新鮮な絵画にスポットライトを当てた収集群と、九州の公立美術館の優れたポップアートをあわせ、30作家110点が熊本市現代美術館に結集した。

続きを読む