国際ガバナンス・カンファレンス開催 日中の研究者が報告

熊本大政策創造研究教育センターと上海交通大、中共中央編訳局が共催する国際ガバナンス・カンファレンスが5月16日、熊本大奥窪記念ホールで開催された。テーマはローカルガバナンスの現代的課題。日本と中国から研究者が研究報告を行い、大学生や市民らが集まった。

続きを読む

“世界フェアトレードデー”記念企画 国際会議最終報告会を開催

世界フェアトレードデーを記念する企画としてフェアトレードシティくまもと推進委員会は5月11日、3月末に熊本市で開催されたフェアトレードタウン国際会議の最終報告会を行った。会議期間中に開催されたファッションショーや国際会議のダイジェスト映像が放映され、各担当者から会議の成果報告が行われた。当日のボランティアスタッフや大学生、関係者などが集まった。

続きを読む

地上と地下の文化財を公開 熊本大埋蔵文化財調査センターが企画

熊本大学内の文化財を公開する「地下と地上の文化財散歩2014」が、5月13日から16日まで、黒髪南地区と本荘北地区で開催された。これは、熊本大埋蔵文化財調査センターが、1994年の設立以来17年間調査を行った成果を一般に公開するもの。国指定重要文化財の建築物や学内の地下から発掘された縄文時代の土器などを見ようと学生や教職員、地域の住民などが集まった。

続きを読む

弓道部尾方師範が武道功労者表彰 熊本大で「祝射会」を実施

熊本大体育会弓道部の師範を務める尾方リョウ(山偏に工の字)氏が平成25年度「武道功労者表彰」を受賞したことを祝う「祝射会」が5月10日、熊本大弓道場で開催された。47年間、同部を指導してきた同氏を祝おうと現役部員を始め、卒業生などが多数集まった。

続きを読む

第36回サマーコンサート開催 熊本大フィル

第36回熊本大フィルハーモニーオーケストラサマーコンサートが5月17日、熊本県立劇場コンサートホールで開催された。顧問の山崎浩隆准教授が指揮を務め、メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」序曲、チャイコフスキー「眠れる森の美女」組曲、ドヴォルザーク「交響曲第8番ト長調」を演奏。会場には、学生や卒業生、市民らが多数集まった。

続きを読む

乙女小学校で体験教室 文部科学省が表彰

教員生活を終えた1人の活動が地域の大きな力になっている。上益城郡甲佐町南三箇で農業を営む宮本松雄さんは、熊本大教育学部を昭和30年に卒業。定年退職後、稲作の傍ら小学生のための体験教室を始めた。現在は20人のスタッフが活動している。乙女福祉ふれあいセンターで、水曜日と金曜日の15時半から17時まで刃物を使った工作などを行う。対象は小学1年生から6年生。文部科学省は昨年度、この学校支援の活動を表彰した。九州でも珍しい学校支援の活動が、必要な取り組みとして認められた。

続きを読む

大学生が「キャリアトークカフェ」企画

公益財団法人熊本県雇用環境整備協会が主催する「キャリアトークカフェ」を大学生らが企画している。学生と企業人との交流の機会を設け、「働く」ということを考えたり、求められる人材像を探るというもの。7月18日の実施に向けて、企画内容の検討や広報活動を大学生自身が行う。6月3日に開催された企画会議では、当日のスケジュールやテーマ設定、広報チラシの内容などが話し合われた。

続きを読む