熊本大に新たな交流の場が誕生

熊本大は4月30日、黒髪南キャンパスにある共用棟黒髪7の1階に学生・教職員の交流・憩いの場となる「学生ラウンジ」を開設(=写真)、同2階には県内の大学・高専が協力して教育環境の向上に取り組む「高等教育コンソーシアム熊本」の事務局を設置したことを発表した。

共用棟黒髪7は黒髪南キャンパスの正門から入り左手、熊本大事務局の隣に位置する建物。大正時代に建てられたもので、昔ながらの装飾は残したまま、耐震補強と改修を行ってリニューアルした。

続きを読む

野田かつひこさん主演 「命のコンサート」 保健科学大などが企画

「命」をテーマにした九州のミュージシャン・野田かつひこさんのコンサート「さまざまな命の物語」(以下「命のコンサート」)が7月8日、熊本市国際交流会館で開かれる(=写真)。熊本市や熊本市教育委員会、熊本保健科学大の学生などが中心となり、コンサートを主催するNODA倶楽部を招致して実現した。

野田かつひこさんは、社会福祉の仕事からアーティストに転身、吉本興業福岡音楽部門から九州初のミュージシャンとしてCDデビューした異例の経歴を持つ。そのきっかけは、福岡で重症筋無力症という難病と約30年闘ってきた吉河日出子さんとの出会いだった。病気と闘う人々に歌で勇気を与えたいと始めた命のコンサートは、今年で4年目を迎えた。

続きを読む

議員インターン説明会開催

大学生が現役議員の下でインターンシップ(就業体験)を行う「議員インターンシップ」の説明会が5月17日、熊本県立大(熊本市月出)で行われた。インターンシップに関心のある学生11人が参加して事業内容やプログラムの流れについて聞いた。主催は、NPO法人ドットジェイピー熊本支部(本部・東京)。

議員インターンシップは毎年春と夏に2回行われ、今夏で25期目を迎える。「若者と政治をつなぐ」ことが大きな目的で、これまでにのべ約1万人のインターン生を輩出している。

続きを読む

東アジア移住共生映画祭2010開催=熊本学園大で

東アジアにおける「多文化共生」をテーマにした「東アジア移住共生映画祭2010 in 熊本」が6月26、27日の両日、熊本学園大14号館の高橋守雄ホールで開催される(=写真)。

同映画祭は、日本への外国人労働者の移住を背景に、現代社会で移住民が生まれる原因や移住民との共生のあり方を探ることが目的。例年、熊本市で開催されてきたが、今年は阿蘇、北九州、ロシアでも開催する。

続きを読む

ホームレス支援の再開を

ホームレス支援を行う「ビッグイシューくまもとチーム」の第2回定例会(ミーティング)が5月14日、熊本市大江のウェルパルくまもとで開かれた。

ビッグイシューは、1991年に英ロンドンで創刊されたホームレスの人々の自立支援のための雑誌。日本では2003年にビッグイシュー日本版が創刊された。

続きを読む

教員インターンシップ研修生を募集

熊本大教育学部と熊本市教育委員会の連携事業で、教育学部4年生と大学院生を対象にした「教員インターンシップ研修」の募集が行われている。期間は今年10月から来年3月までの間で2カ月以上が原則で、週1-2回程度の研修活動を行う。申し込みは8月31日まで。

研修の内容は、①授業等の補助②学級担当業務の補助③行事等の補助④児童会・生徒会活動の補助―など。担任等の補助をしながら、学級経営・生徒指導などを幅広く、実践を通して学ぶことが目的。インターンシップ先は、熊本市立の小、中、高校および幼稚園になる。

続きを読む

学生の企画に最大30万円!

熊本大が学生の主体的な企画を支援する「きらめきユースプロジェクト」の2010年度の企画募集が行われている(=写真)。同プロジェクトに採択されれば、企画1件につき最大30万円程度が支援される。応募締め切りは6月30日。

応募資格は熊本大に在学する学生個人またはグループであること。支援対象期間は今年8月1日から来年2月28日までである。

続きを読む